「家業」から「地域企業」へ

新着情報

HAL農業賞選考結果について

2022年3月25日

一般財団法人 北海道農業企業化研究所(理事長 磯田憲一) が主催する 「第17回HAL農業賞」について、以下の通り各賞が決定しましたのでお知らせいたします。
今期もコロナウイルスの影響で現地調査が十分にできないという状況でしたが、今までの候補者、受賞者からの情報、訪問農家からの情報等に基づき、有識者を交えた選考委員会において決定いたしました。

コロナ禍における式典のあり方として、昨年は、HAL財団理事長が受賞者のもとに赴き表彰状と副賞を差し上げるという初の試みを致しました。今年も色々な形を模索する中で、受賞者が複数であることから札幌にて少人数ながら贈呈式を開催することとなりました。

表彰名 受賞者 副賞
HAL農業賞
北海道農業特別貢献賞
株式会社 町村農場(江別市) 賞金 200万円
HAL農業賞
都市近郊農業賞
アンビシャスファーム株式会社(江別市)
注)正式名称は、英文字で「Ambitious Farm株式会社」です。
賞金 50万円

【第17回HAL農業賞贈呈式】

日時:2022年5月20日(金) 午後2時~
場所:JRタワーホテル日航札幌 36階 たいよう

広く取材、報道をお願いしたいのですが、会場の都合で冒頭の「贈呈式」(予定:午後2時から2時半ころ)のみを公開いたします。できましたら、事前にお申込みいただけるとスムーズに進みますのでご協力をお願いいたします。
贈呈式の様子は写真データとしてもご提供可能です。ご希望がありましたらHAL財団の担当までご連絡ください。


一般財団法人北海道農業企業化研究所は、2022年4月1日から正式名称が「一般財団法人HAL財団」に変更になります。

以上

~本件お問い合わせ先~
担当 HAL財団 公益事業部
〒060-0061
札幌市中央区南1条西10丁目3
南一条道銀ビル4階
山(やま)、上野(うえの)
e-mail info@hal.or.jp
電話 011-233-0131

第17回HAL農業賞受賞者一覧

表彰名 受賞者 受賞理由
北海道農業
特別貢献賞
株式会社 町村農場
(江別市)
  • 町村農場は、1917年に創業して以来、これまで長きにわたり経営を行ってきたが、その代その代で大きな事業の節目を迎え、その時代ごとに北海道農業、北海道酪農をけん引するリーディングカンパニーになっており、どの時代にあっても、常に地域と共生しながら、その役割を果たしてきた。
  • 町村農場の土づくりのノウハウは北海道農業の原点であり、現在、北海道各地で広く農業が営まれる土台となった意義は非常に大きい。その技術、経営姿勢は多くの農業者に影響を与え、消費者には高品質の商品を届けることにより「北海道農業」の発展に大きな役割を果たしてきた。
  • 代々の経営者の“ふるまい”“事業”は北海道の農業を語るうえで誰もがその功績を認めるものである。

以上のことから、北海道農業の礎を築き、発展に寄与し続けている町村農場に敬愛を表し「第17回HAL農業賞北海道農業特別貢献賞」とした。

都市近郊農業賞 アンビシャスファーム株式会社
(江別市)

(正式名称は英文字でAmbitious Farm株式会社)

  • 「つくる」「とどける」「たのしむ」というフェーズで農業を捉え消費者との接点を多くするなど、都市近郊農業として直接販売、農業体験の機会提供を積極的に進めてきた。土づくりから始まり、「消費者が求める」野菜「消費者に届けたい」野菜を年間100品種以上も作るなど、消費者と野菜に対し、真摯な取り組み、栽培を行っている。
  • 法人の各部門のリーダーがすべて女性であり、法人の運営を支え、事業展開や職場の働きやすいルール作りを行っていることは、これからの都市型農業のあり方の先行事例として大きく評価できる。

以上のことから、「第17回HAL農業賞都市近郊農業賞」とした。