広報

財団からのお知らせ

第13回HAL農業賞受賞者決定のお知らせ
 「一般財団法人 北海道農業企業化研究所(HAL財団)」(理事長 磯田憲一) が主催する 第13回「HAL農業賞」について、候補企業・団体11件の中から選考委員による厳正な選考を行い、その結果以下の通りHAL農業賞各賞が決定しましたのでお知らせいたします。
 なお、表彰式は平成30年1月26日(金)午後1時からANAクラウンプラザホテル札幌で開催予定です。
(1)主催:一般財団法人 北海道農業企業化研究所
(2)日時:平成30年1月26日(金)午後1時〜3時

場所:ANAクラウンプラザホテル札幌 23階 白樺の間
札幌市中央区北3条西1丁目

※式典当日の取材可(直接、会場にお越しください)
※各企業への事前取材は、HAL財団にご連絡ください。

(3)受賞者
表彰名 受賞者 受賞理由
優秀賞 有限会社 大牧農場
(音更町)

代表取締役会長
五十川 勝美氏

○北海道における産直の先駆けであり、販路の拡大、消費者交流など時代に先んじた取組を重ねてきた。

○生産部門と販売部門の経営組織を分離独立させ、それぞれが責任を持って営農、販売という経営に専念できる体制を整えることに成功し、新たな経営のモデルとなっている。

○参加法人の他に、町内協力農家、地元JAとの協力体制も構築し、地域一体での販路拡大に寄与している。

以上のことから、第13回HAL農業賞優秀賞とした。

優秀賞 有限会社 ハッピネスデーリィ
(池田町)

代表取締役社長
嶋木 正一氏

○乳加工商品製造、販売をいち早く事業化し、国内酪農家のロールモデルとなった。

○町内異業種との商品開発にも積極的で、地域をけん引する企業となっている。

○地域の中核企業として、地域雇用に貢献している。

以上のことから、第13回HAL農業賞優秀賞とした。

優秀賞 小栗 美恵氏
(有限会社 ファーム花茶)
(千歳市)

○女性の活躍を時代に先駆け実践してきた

○消費者との交流を重ね、誰もが楽しめる、満足できる経営を展開している。

○農業分野のみならず、多くの女性、若い世代に自身の経験、思いを伝える活動を行っている。

以上のことから、第13回HAL農業賞優秀賞とした。

チャレンジ賞 株式会社 けんぶちVIVAマルシェ
(剣淵町)

代表取締役
橋 朋一氏

○チャレンジを重ね、それを事業化へと結び付けている。

○豊富なアイディアは斬新で、軽トラマルシェを一躍全国にその名を広めた。

○都市と農業地域の交流を通じ、地域活動を率先的に実施する存在となっている。

以上のことから、第13回HAL農業賞 チャレンジ賞とした。

特別賞 西いぶりファーマーズマーケット実行委員会
(室蘭市:任意団体)

代表
楠本 謙志氏

○地域の様々な人が周辺地域の農業を支援する新たな取組を企画、実施している。

○商工事業者、主婦、大学生など今までは農業と直接の接点のなかった人が農業を理解し、支援する場となっている。

○直売活動を通じ、農業者の新たな販路拡大、販売チャンスに寄与している。

以上のことから、第13回HAL農業賞地域農業支援賞とした。

以上

〜本件お問い合わせ先〜
担当 HAL財団 札幌事務所
e-mail:ueno@hal.or.jp
電話 011-200-8383
(担当:上野)
▲ページ上部へ
Copyright (C) 2005 Hokkaido Agricultural Laboratory for Business Development